屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

北九州マラソン2020結果報告。素人ランナーは完走できたのか!

北九州マラソンに出場するぞ!

という記事を大会前日に書きました。

xray-stardust.hatenadiary.com

 

遅くなりましたが今日はその報告です。

初のフルマラソンの結果はどうなったのでしょうか。

足の関節という関節にサロンパスをベタベタ貼り付けてこの記事を書いている筆者ですが、

 

 

 

 

 

 

完走しました!!

f:id:xray-stardust:20200219203009j:plain

 

 

どんなもんじゃい!!!

 

 

 

(この「どんなもんじゃい」が我がチームの完走の合言葉になっているので、ここぞとばかりに使わせていただきました。)

 

これで憧れのFinishersの仲間入りです。

Finisherには完走の証として松本零士が手掛けたメーテルのメダルが記念に与えられます。

f:id:xray-stardust:20200219202338j:plain
f:id:xray-stardust:20200219202348j:plain

 

完走できないと自他共に、家族でさえも確信していたので今回は誰も予想していない結果になりました。

完走の感想としては

です。

私の人生で最も無我の境地に近づいた42.195kmになりました。

ただひたすらに前に進む。

当日は暴風雨の最悪のコンディション。スタート数分で髪も靴もウェアもびしょ濡れになりましたが、前に進むのみ。

楽しんで走るという余裕なぞあるはずもなく、途中の頭の中は

ビール、メーテル、どんなもんじゃい、小倉牛BBQ(30km以降にある給食)

これのヘビロテで足を動かしていました。

うん、煩悩の塊でしたね。

 

30kmからがフルマラソンだと言うように本当に30kmを越えると足が動かない。

他人の足になったようでしたね。あちこち激痛。至る所からサイトカインが出すぎている。

R199が地獄。行けども折り返し地点は見えず、ただただ並ぶ倉庫街。

そして海水を含んだ暴風。岸壁に強風で打ちつけられた波がランナーを襲います。

いつか終わりが来るのかR199。

前の記事で貼り付けた北九州動画は削除されている模様。筆者のせいかな。

 

沿道にはランナーお知り合いの応援団がいる。でも筆者を応援してくれる人はアウェーの北九州に誰もおりません。嫁と子供は家でぬくぬくです。

ちくしょー!!

それでも腕を振って足を無理やり前に出す。上半身に引きずられる下半身。

誰も筆者が完走できると思ってなかったので「やっちゃるっちゃ!!」という最後は意地です。ヤケです。

 

 

まとめると

 

フルマラソンは根性で完走できる!!

 

ということになりますね。

 

結局、根性論かよ!

世の中根性でなんとかなるのがわかりましたね。

 

 

ちなみに完走タイムです。

05:07:59

(先頭ランナーがスタートしてからの時間です)

f:id:xray-stardust:20200219202110j:plain

 

5時間は初出場にしては我ながら大健闘だと思います。

(スタート地点からの計測は4時間57分でした)

よく頑張った膝。

 

ちなみに職場では筆者の呼称は「ポンコツ」から「レジェンド」へ変わっております。

ありがとうフルマラソン、職場内ヒエラルキーの階層を上げてくれて。

 

というより何よりの財産はメーテルメダルでも完走後の一杯でもなく

「本当にすごい、感動した」 カミさん談

と妻の筆者に対する信頼がちょっと回復したことかもしれませんね笑

 

 余談

ゴール地点、空耳が聞こえました。

カミさんの声がするではありませんか。

激寒の日に生後4ヶ月の子供を連れ出しているはずがありません。

まして筆者の走りにはこれまで何も興味がありませんでしたから。

筆者は天に召されたのかと思いましたね、三途の川も42.195キロ。

・・・いや、本物です。

カミさんと義理ママと我が子が応援しに来てくれていました!

よーし!頑張れるぞ!!

 

ってもうゴールですから。

でも来てくれてありがとう。

親父は頑張ったんじゃぁ!

 

ということで沿道のみなさま、はてな民のみなさま、応援ありがとうございました。

これで願をかけた瀕死のばあさんもまだまだ生きるでしょう。

 

 

これより下は前日の受付から大会当日の様子を紹介。

ササーと流していきます。興味のある方だけお付き合いください。

 

f:id:xray-stardust:20200219202137j:plain

そうそう、この確定申告会場に行きたかったんや。

そろそろやしな。んなわけあるかーい

ということでランナー受付は1階です。

f:id:xray-stardust:20200219202115j:plain
f:id:xray-stardust:20200219202059j:plain

QRコードをピッとしてゼッケンやらポンチョやら当日必要なものをもらいます。

その後、大会Tシャツを受け取りに行きます。これにて受付終了。

 

会場の外ではスポンサー企業によるブースが所狭しと並んでおります。

スターフライヤーのCAさんたちとパチリ。

f:id:xray-stardust:20200219202054j:plain


スポーツショップの物販サイト。

栄養補給の完走セット(1500円)や膝サポーターなどなど書き入れ時ですな。

買っちゃいました。

f:id:xray-stardust:20200219202043j:plain
f:id:xray-stardust:20200219202229j:plain

 

走っている最中にスマホや現金を入れるバッグはないかなと思っていたところ、ファミリーマートでショルダーポーチを見つけたので買ってみました。

f:id:xray-stardust:20200219202208j:plain
f:id:xray-stardust:20200219202218j:plain

 

当日!

早朝は北九州のソウルフード資さんうどんでブレックファースト。

f:id:xray-stardust:20200219202238j:plain

 

公園地下駐車場にて着替えます。

女子は市庁舎、男子は駐車場・・・。

f:id:xray-stardust:20200219202248j:plain
f:id:xray-stardust:20200219202258j:plain

手に持っている錠剤はいざという時の覚せい剤

ではなく鎮痛剤です。

 

曇天の中スタート!

ものすごい人だ。

増田明美が開会の挨拶で何かを歌ってダダすべりしたのが遠い昔のよう。

f:id:xray-stardust:20200219202318j:plain

 

突然ゴール!!

名物・小倉駐とん汁です。

あったまります。美味しい。この箱カッコいい。

f:id:xray-stardust:20200219202329j:plain

この後はビールをたらふく飲みました。

 

と、このように無事に初マラソンを終えることができました(関節痛で階段を降りられないのが無事と言えるのかはさておき)。

大会を通して感じたことは、マラソン大会というのは街の一大イベントになっているということ。

経済効果がものすごいというのを前日当日の数々の出店やイベントを目にして感じましたね。はっきり言えばカネのニオイがする。これはどこの大会でも言えると思います。

でも否定的にとらえるのではなくて、自治体の活性化として成功している部類になっていますね。

選手だけではなくてその家族もマラソン大会を楽しめる作りになっている。

素晴らしいイベントだなと感じました。

 

そんなわけで、ここまで読んでくださったそこのあなた。

来年一緒に走りましょう!

北九州2021!!